即日融資を受けたい方-審査が甘い会社の見つけ方 | 即日融資で得する人損する人KR57

  1. >
  2. 絵に描いたようなカード地獄の話

絵に描いたようなカード地獄の話

キャッシングやカードローンに対して私は否定派です。

ちょっとお金が足りない!一万円だけ。三万円だけ。とお金を借りていた人が、最初は良いのですが段々借入額、借入回数が増えていき三万円が返せないから別のキャッシングで五万円を借り、またそれが返せなくなり七万円…と永遠に雪だるま式に増えていき、ボーナスで返済しようと思っていたものの、思っていた額のボーナスが出ず結局返済できなくなり友人からお金を借り、それすら返せなり信用を失っていったという人を実際に見た。

こんなよくできた話、現実に本当にあるんだとビックリ!!

クレジットカードは知識を身に付けてから作るべき!

十数年前、就職したての頃に軽い気持ちで有名ファッションデパートのクレジットカードを作りました。

キャッシング機能もついていましたがその知識がなく、最初はただただクレジット機能を利用していました。

当時、お金がない中での社内付き合いやプライベートの遊び等でどうしてもお金が必要となり、キャッシングという機能を何故知ったのか今では覚えていませんが、またもや軽い気持ちで手を出してしまいました。

そのうちリボ払いを繰り返し借金が膨らんでしまい、もう自分では解決する事ができず最終的に他人の力をお借りして現在は安定した生活を取り戻す事ができました。

今思い返せば、無知な状態でクレジットカードを作った事事態が大きな過ちだったと深く反省しています。

カードローン体験談と私の考え

知り合いから聞いた話ですが、その方は軽い気持ちで、生活費の足しにと数十万借りたそうですが月に一万円ほど返済をして何年か経つようですが利息が高すぎていまだに完済の目処はたっていないとのことでした。

そのときは手軽に借りれるカードローンで便利、すぐ返済をすればいいだろう、と思ったようですが現実はそうはいかないようです。

いまは人気タレントがカードローンのCMにでていて、いかもにも若者にその手軽さや利便性をうたっているように感じます。

私はCMをあんなに頻繁に流すべきではないと思います。お金を簡単に借りれると思ってしまう若者が増えてしまうのではないかと思うとすこし胸が痛くなります。

ページのトップへ戻る